雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

エイジスドッグファイト

 

f:id:K00004649:20200715215059j:plain

 SEGAアーケードゲームには大きな筐体で遊ぶ体感ゲームシリーズがあります

今回ご紹介するのは約30年前に稼働された3Dシューティング体感ゲームの名作『G-LOC AIR BATTLE』

アーケード版に忠実な移植として復活したのはこのニンテンドースイッチ版が初なんだとか!?

  • ゲームの流れ
f:id:K00004649:20200715215123j:plain
f:id:K00004649:20200715215140j:plain

 ゲームを始めるとまずはデモ画面から

実際の筐体も可能な限り再現されてる模様

f:id:K00004649:20200715215202j:plain

 コイン投入で難易度選択画面に

レバー(Lスティック)を左右に動かしてお好きな難易度を選びましょう

f:id:K00004649:20200715215221j:plain

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

難易度を選んだらいよいよテイクオフ!

コントローラーのHD振動で本当に戦闘機が飛ぶリアルな振動が感じられます

f:id:K00004649:20200715215259j:plain

 本作はミッション形式でゲームが進み制限時間内に前方を飛ぶ戦闘機を既定の数だけ撃ち落としていきます

f:id:K00004649:20200715215318j:plain
f:id:K00004649:20200715215332j:plain

 主力武器のバルカン砲に加えてロックオンした戦闘機を追尾するミサイル

この2種類の武器を使い分けてガンガン撃ち落としましょう

f:id:K00004649:20200715215356j:plain

 制限時間内に戦闘機を撃ち落とせばミッション達成!

ミッションが進むと敵の攻撃も激しくなるので気を引き締めよう

 

f:id:K00004649:20200715215455j:plain

コンティニューは3回まで

 なお、このゲームには『ムービング筐体』が採用されており、ご覧のように筐体が左右に揺れる様擬似体験できます(もちろんOFFにもできますよ)

 

f:id:K00004649:20200715215524j:plain
f:id:K00004649:20200715215545j:plain

ゲームオーバーになると1プレイでどこまで進めたかというグラフが表示

夢中で遊んでいるとここまで進んでいたんか!?と驚くことも少なくない・・・

f:id:K00004649:20200715215614j:plain

ネームエントリー画面もタイプライター仕様で凝っています
  • 派手に撃ちまくれ!エイジスモード

f:id:K00004649:20200715215809j:plain

f:id:K00004649:20200715215819j:plain

 そしてSEGAAGES独自のAGESモードではアーケード版よりもハイスピードなゲームが楽しめます

f:id:K00004649:20200715215835j:plain

 

f:id:K00004649:20200715215852j:plain
f:id:K00004649:20200715215908j:plain
ボラボラボラボラボラボラボラボラ

何が凄いかというと

  1. 敵がアーケード版よりも多い
  2. ロックオン速度が上昇
  3. ミサイルの所持数が増加
  4. 自機のスピードが速い

等の変更点があり大量の敵を破壊できる爽快感が楽しめるはずです。

f:id:K00004649:20200715215927j:plain

ただしタイムオーバーで即終了なのをくれぐれも忘れずに
  • 30年前とは思えないビジュアル

f:id:K00004649:20200715220022j:plain

しかし30年前といえばちょうどスーパーファミコンが発売されたぐらいの年

そんな時代にここまでクオリティの高いアーケードゲームが存在していたとは・・・やはりSEGAはとんでもないぜ