雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

アーケードゲームがスイッチで遊べる時代・その11

なんと今日はアーケード版ドンキーコングが世に発表された記念すべき日(稼働されたのは7月中旬あたりらしい)

・・・つまり本作に登場したマリオドンキーコングレディ(後のポリーン)が晴れて40周年を迎えたというわけです

f:id:K00004649:20210709155203j:plain

そんな記念日にダウンロードしたのがそのアーケード版ドンキーコング

国内版はバグが修正された後期版も収録されています

  • INTRODUCTION
f:id:K00004649:20210709155513j:plain
f:id:K00004649:20210709155533j:plain

ドンキーコングにさらわれたレディを救うため、マリオが立ち上がる!

当時のマリオはまだ明確な名前が無くジャンプマンとも呼ばれていました

 

f:id:K00004649:20210709160334j:plain

f:id:K00004649:20210709161156j:plain

ステージ1(25m)はコングが転がしてくるタルをジャンプ(Aボタン)でかわしながら進んでいきましょう

道中ステージに飾られてるハンマーを取ると一定時間ハンマーを振り回してタルを破壊できます。

f:id:K00004649:20210709161304j:plain

タルにぶつかると1ミス

残機が全てなくなるとゲームオーバー

見事レディの元までたどり着けばステージクリア

しかし直後ドンキーコングに連れ去られ次のステージへ・・・

 

f:id:K00004649:20210709161447j:plain

ステージ2(50m)はベルトコンベアの上を進みながら上へと目指します

中流れてくる障害物には気を付けて

ちなみにこの50mは唯一ファミコン版に移植されなかった幻のステージとも言われました。(もちろん容量の関係)

 

f:id:K00004649:20210709162342j:plain

ステージ3(75m)は複雑な足場に上下に動くリフト

更に飛び跳ねてくるジャッキ(ジャンプ台みたいなヤツ)の存在で難易度が高くなっています

最終面の一つ前ということでなかなか手ごわいステージ3ですが下降するリフトにタイミングよく乗り継げば最短でレディの元までたどり着けます。

後はジャッキの動くタイミングを見計らって急いで移動だ!

f:id:K00004649:20210709162851j:plain

そしてステージ4(100m)は縦に長い建物と大量のおじゃまむしがひしめく危険地帯

8ヶ所に設置されたボルトを全て取り外せば晴れてゲームクリアなので気を引き締めていきましょう

一応ゲームクリアにはなるもののその後は難易度が上がったステージ1に戻り、以降はゲームオーバーになるまでゲームは続きます

  • おまけ
f:id:K00004649:20210709164149j:plain
f:id:K00004649:20210709164208j:plain

もちろんこれまでのアケアカシリーズ同様に海外版も選べます。

海外版はステージ構成が国内版とけっこう変わっているので初見は戸惑うかも!?