雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

マリオのえほん

f:id:K00004649:20190417092144j:plain

本棚漁っていたら平成初期に発売されたマリオの絵本が見つかったので今日はこの絵本たちについてご紹介します。

1993年に長岡書店から発売されたミニサイズの絵本(全3巻)

発売時期的にスーパーマリオワールドがベースになっています。

f:id:K00004649:20190417092301j:plain

1巻「スーパースターをさがせ」では持っていると強くなれるというスーパースターを求めてマリオルイージヨッシーがラムネかいこうのある島に探検に行くお話

f:id:K00004649:20190417093322j:plain

終盤ではクッパ7人衆のロイと勝負!

当時のロイコクッパ7人衆のひとりでクッパの息子という設定でした。

f:id:K00004649:20190417092705j:plain
f:id:K00004649:20190417092716j:plain

2巻「はりきりピクニック」はせんべいやまでピクニック中のマリオご一行

ところが2匹のノコノコピーチ姫のお弁当箱を奪ってしまってさあ大変!マリオヨッシーが取り返しに行きます。

f:id:K00004649:20190417093047j:plain
f:id:K00004649:20190417094026j:plain

そして3巻「ゆうえんちはおおさわぎ」ではマリオたちが遊園地に遊びに行くお話

ジェットコースターやおばけ屋敷でエンジョイするマリオたちですが・・・

f:id:K00004649:20190417093308j:plain

なんと道中ピーチ姫クッパにさらわれてしまう!果たしてピーチ姫を取り返せるかな?

 

f:id:K00004649:20190417093755j:plain
f:id:K00004649:20190417093809j:plain

とまぁ基本的にはオーソドックスな絵本ですが途中で迷路コーナーがあります。

キチンとゴールに着いてからページをめくりましょうね

f:id:K00004649:20190417094013j:plain

しかし今見返してみるとルイージマリオを呼び捨てにしたり、マリオはジェットコースターが苦手だったりと思わずツッコみたくなるシーンが結構多い。

昔は自由だったんだなぁw

マリオをさがせ (スーパーマリオポケットえほん)

マリオをさがせ (スーパーマリオポケットえほん)

 

 こちらは1996年に小学館から発売のちょっと分厚めなミニ絵本

f:id:K00004649:20190417094813j:plain

さっきとは違い絵に隠れたキャラクターを探すといったクイズ形式の絵本です。

クイズの内容は簡単なものばかりなので小さなお子様にも安心

f:id:K00004649:20190417095257j:plain

なのですが絵本の内容がけっこうシュールなものも多く、例えば上の画像なんかマリオブラザーズが家の中ではちゃんと靴脱いでいます

・・・もしやお子様に対する配慮?w

星のカービィ そらのおさんぽ

星のカービィ そらのおさんぽ

 

2000年代になるとポケモン以外の任天堂作品を題材にした絵本はめっきり減ってしまいましたが、2010年代後半にカービィの絵本が発売されてからは再び息を吹き返しつつあります。

この調子でマリオの絵本も復活してくれんかね?