雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

オリマーの新人研修記(前編)

 

f:id:K00004649:20201017092359j:plain

さて、彼がこのマインクラフトの世界に住む冒険家のティー

常に直立不動で表情の変化が感じられない・・・これまで様々な生物を見てきたがここまで角ばった姿をした人間は初めてだ

  • 取り出したのは剣!?

f:id:K00004649:20201017092422j:plain

まずはお手並み拝見として彼の戦闘能力を見なければ・・・と思った矢先今回の研修に同行してきたタクト君がケンカ腰で真っ先に突っ込んでいった

f:id:K00004649:20201017092429j:plain

ところがその矢先、ティーは木製の剣を取り出したのだ。

なるほど 彼は剣士なのだな?

  • 自ら道具を作り出す
f:id:K00004649:20201017092405j:plain
f:id:K00004649:20201017092434j:plain

だがしばらく剣で攻撃していると剣が壊れてしまった!

これでは素手で攻撃しなけらばならないため苦戦は強いられるだろう・・・

f:id:K00004649:20201017092440j:plain

そうなるとティーは突然ピッケルを取り出し地面を掘りだし、そこから木材や鉄など沢山の素材が出てきた

f:id:K00004649:20201017092412j:plain
f:id:K00004649:20201017092417j:plain

その後木製の作業台で作業を始め・・・先ほど採掘した素材を組み合わせて剣を作り出した!

f:id:K00004649:20201017092445j:plain

そう、彼は自分の武器を自ら作り出す特技を有していたのだ

しかも使った素材によって威力も上がるようで今作った剣は鉄製で木製の剣より威力が上がっていた

そして使うのは剣だけではなく釣り竿やピッケル、果てにはピストンまで武器にしていた!

驚いたことにこれらの道具は全て彼の手作りなのだという

f:id:K00004649:20201017095029j:plain

だがこの素材の使い方は何も武器を生成するだけではない

それはステージ外に吹っ飛ばされた時・・・

f:id:K00004649:20201017095035j:plain
f:id:K00004649:20201017095040j:plain

なんと手持ちの素材を使って足元にブロックを生成して足場代わりにしたのだ!

こんな荒業をやってのけるとはつくづく侮れない人物だ・・・

f:id:K00004649:20201017095057j:plain

f:id:K00004649:20201017095045j:plain
f:id:K00004649:20201017095050j:plain

ステージに戻ってきた彼は鉄製のトロッコに乗って突進してきた!

そのスピードは計り知れず咄嗟に避けることができなかった・・・

f:id:K00004649:20201017095102j:plain

よく観察するとトロッコに乗ってる間も素材を組み合わせて新たにレールを生成しているではないか!?

この早業は正に職人レベル!

f:id:K00004649:20201017095108j:plain

しかも空になったトロッコに乗せられると磁力によって身動きが取れなくなってしまう!

崖際で出されたらまず脱出はできないだろう

  • エリトラ
f:id:K00004649:20201017100518j:plain
f:id:K00004649:20201017100524j:plain

地上だけでなく空中での移動も兼ね備えているティー

背中にエリトラと呼ばれるハングライダーを装着し、空を縦横無尽に飛びだす姿はかつてのメタナイトピット君を彷彿とさせた

f:id:K00004649:20201017100531j:plain
f:id:K00004649:20201017100538j:plain
f:id:K00004649:20201017100544j:plain

彼が生み出す武器にはこんなものが

大きなTNT箱を取り出し赤い石で導火線を引き、木材で起爆装置を作成

f:id:K00004649:20201017101041j:plain

その起爆装置を踏むと

TNT箱が大爆発!

下手をすると自分すら巻き込んでしまう恐ろしい兵器といえよう

  • トラップルーム

f:id:K00004649:20201017101515j:plain

f:id:K00004649:20201017101520j:plain

f:id:K00004649:20201017101525j:plain

ティーの巨大なピストンに飛ばされた私は見慣れない建物に閉じ込められた

f:id:K00004649:20201017101547j:plain

そこで待っていたのは多数のTNT爆弾と奇妙な緑色の生物達だった

その生物は体を光らすと・・・

f:id:K00004649:20201017102013j:plain

なんとバクハツし、部屋中の爆弾に引火し

大爆発を引き起こした!

f:id:K00004649:20201017102201j:plain

そしてこのステーキである

f:id:K00004649:20201017101530j:plain

正直何が起こったのか理解が追い付かなかった・・・

ちなみにタクト君は最初のピストンでそのまま場外に吹っ飛ばされたようだ(笑)

  • まとめ

f:id:K00004649:20201017102437j:plain

シンプルな形だが、それに見合わない多彩な道具が持ち味のスティー

見た目だけで判断してはいけないことが今回の研修における私の大きな収穫だったと思う

 

f:id:K00004649:20201017102850j:plain