雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

Girls-only gathering ~護衛~

お待たせしました。ようやく続きが完成しました!

f:id:K00004649:20160111083928j:plain

だいぶ間が空いたので今後は新しいフィギュアがちらほら登場する予定です。

それではどうぞ!

 

f:id:K00004649:20160129171400j:plain

 ガール「ちょっとちょっと!なんか私の知らない間にメンバー増えてない!?悪いけど人数確認してみてくんない?」

みお「はいはい、まず私にイカちゃんでしょ?

f:id:K00004649:20160129171401j:plain

次に左からしまむー・しぶりん・しずちゃん

f:id:K00004649:20160129171402j:plain

サム姉にピーチ姫、パルちゃん・ルッキー

f:id:K00004649:20160129171404j:plain

そして今さっき来たばっかりのプリンちゃんゼルダ姫!」

f:id:K00004649:20160318212216j:plain

f:id:K00004649:20160129171405j:plain

みお「え?・・・あっホントだ!

ガール「今気づいたんかい!!」

桃姫「あら、この子は確かクラフトアイランド(ヨッシーウールワールドの舞台で、あみぐるみヨッシーたちが住んでいる島)に住んでいるあみぐるみヨッシーだったわね。どうしてこんなところに?」

f:id:K00004649:20160129171406j:plain

プリン「あー、確か今日のライブツアーはその島で最後だったんだけど・・・たぶんライブ後に私のあとをこっそり付いてきちゃったんだわ」

サム姉「おい、あの島からピーチ城までそうとう距離あるはずだぞ。(どうやって来たんだ・・・?)」

しまむー「それよりこの子どうするんですか?」

f:id:K00004649:20160318212217j:plain

f:id:K00004649:20160129171407j:plain

蛙「それでしたら私と共にこの城の警備を担当するのは如何でしょうか?」

しまむー「わっ!どこに隠れてるんですかゲッコウガさん!?(影!?)」

f:id:K00004649:20151218211430j:plain

桃姫「まぁ!それは心強いですわね。じゃあお言葉に甘えてお願いしちゃおうかしら」

f:id:K00004649:20160318212344j:plain

 

 

f:id:K00004649:20160129171408j:plain

みお「よーし!それじゃあ城前に怪しい奴を見かけたらすぐさま退治しに行ってこい!!」

蛙「承知!では参りましょう」

 

ガチャッ(扉を開く音)

 

 

f:id:K00004649:20160129171403j:plain

しまむー「・・・さっきはああ言ってましたけど大丈夫でしょうか?」

プリン「大丈夫、ゲッコウガはああ見えて私のマネージャーであると同時に優秀なボディーガード。かなりの手練れだから心配ないプリ!」

ゼルダ「それに今日はマリオ達も護衛に来てたでしょう?実はリンクも護衛に加えておきました。

戦力が増えて心強いではありま—————」

 

 

蛙「∑ お、お待ちなさい!あみぐるみヨッシー!その方たちは違・・・」

ズドォン!!

 

f:id:K00004649:20160318212255j:plain

 

 

f:id:K00004649:20160318212256j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:K00004649:20160129171409j:plain