雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

小鳥パイセン

ソニックシリーズの敵は画像のようなロボットが殆ど

実はこれらのロボットは全てエッグマンが製造したもの

f:id:K00004649:20190726223211j:plain

その動力源はなんと小さな動物で、メガドライブ時代のソニックシリーズに於いてエッグマンソニックを倒すため島に生息する動物たちをロボットの中に閉じ込めてしまうのです。

f:id:K00004649:20190726092159j:plain

つまりソニックエッグマンと戦うのも計画を阻止するだけでなく閉じ込められた動物を救出するためでもあったんですね

 

  • 青い鳥

f:id:K00004649:20190726223231j:plain

さて、今日はその動物の中でフリッキーという青い小鳥(画像左)について注目してみましょう。

一見普通の小鳥ですが、実はコイツが主役のゲームがあったことはご存知でしょうか?

f:id:K00004649:20190726223225j:plain

先ほどチラッと見せましたがそれがこのフリッキーというゲーム

元々アーケードで1984年に稼働された作品で、なんと初代ソニックが発売される7年前の作品なのです!

f:id:K00004649:20190726223216j:plain

ゲーム内容はフリッキーを操作してステージに散らばった迷子のピヨピヨ(ヒヨコ)を家に連れて帰るアクションゲームで、お邪魔キャラのニャンニャン(ネコ)は床に置いてあるアイテムを飛ばして撃退します。

f:id:K00004649:20190726223219j:plain

自機のフリッキーには左右移動に慣性が付いてて立ち止まろうとすると少し滑ってから静止し、さらに勢いよくジャンプしてゆっくりと落下するという重力加速が付いているから初見時はクセのある操作感覚でまず戸惑うことが殆どでしょう。

おまけにヒヨコの中にはサングラスを付けた奴もいて、はぐれた時に勝手に動きまわるから一筋縄ではいかないゲームバランスが絶妙でした。

f:id:K00004649:20190726223057j:plain
f:id:K00004649:20190726223236j:plain

その後彼は前述通り島の動物として再びゲームに顔出すことになり、ジェネシスソニック3Dブラストドリームキャストソニックアドベンチャーソニックシリーズにおいて重要な役割を果たしたこともありました。

ここまで優遇されてるのはやはりフリッキーの功績があったからかもしれんなぁ