雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

イカしたfigma

ここだけの話 可動式フィギュア・figmaのナンバリング数がとうとう合計400体を超えたらしいですわよ

f:id:K00004649:20190608135830j:plain

イカしたパッケージ

その記念すべき400番目のfigmaは・・・なんと大人気ゲームスプラトゥーンよりインクリング・ガールでした!

 

というわけで今回は先日届いたこのfigmaの魅力をご紹介いたします

f:id:K00004649:20190607212825j:plain

まずはセット内容を確認

  1. ガール本体
  2. 手首パーツ×6
  3. 替えの表情パーツ
  4. スプラシューター
  5. インクエフェクト

パッケージが小さめなのか、セット内容もわりとコンパクトなパーツ数でまとまっています。

f:id:K00004649:20190607212827j:plain
f:id:K00004649:20190607212828j:plain
どちらかというとフィギュアーツ寄り

これまで買ってきたfigmaは基本リアル等身のキャラクターがほとんどだったのですがインクリングの場合は元々デフォルメ体系なので従来のfigmaと比べてけっこう背が低め

ちょうどカムイの腰あたりの大きさです。

f:id:K00004649:20190607212836j:plain

表情パーツも比較するとやっぱりデカイ

f:id:K00004649:20190607212826j:plain

背中の支柱は基本的にインクタンクもしくはそのまま背中に差し込む形になるのですが、支柱が長すぎるためかなり曲げないとインクリングは地に足がつきません。

これ絶対設計ミスだろw

f:id:K00004649:20190607212829j:plain

もちろんインクタンクも取り外し可能ですがそのためには腕を外してバックパックから順に外さないといけません。

この辺の作業がちょっとメンドクサイ

f:id:K00004649:20190607212828j:plain

デフォルトの表情はこの自信たっぷりな顔つき

実はこの表情にはある秘密がありまして・・・

f:id:K00004649:20190607212831j:plain
f:id:K00004649:20190607212832j:plain

なんと専用のスティックを使って目の位置を変えることができるのです!

写真のようにパーツの裏側からスティックを差し込んでグリグリと動かして目線を変えれば同じ表情でもまた違って見えます。

f:id:K00004649:20190607212833j:plain

もうひとつは「ナイス!」などのアクションでよく見かけるこの笑顔

こちらは特別な仕様は無いけれどコミカルなパーツです

f:id:K00004649:20190607212830j:plain

インクリングといえばやっぱりこのスプラシューター

専用の手首パーツで持たせ、発射口にインクエフェクトを取り付けてインク発射!ゲームと違ってインクタンク無しでスプラシューターを持たせることだってできちゃう

f:id:K00004649:20190608064202j:image

それと今回撮り忘れましたが初代パッケージでもガールが装着してたヘッドギア・スタジオヘッドホンも付いてきます。

インクリングの耳に差し込む形で装着するので取り外れる心配も無し!

f:id:K00004649:20190607212835j:plain

いろいろ動かしてみたところ、イカのゲソ部分が少し邪魔になって腕パーツの取替えがやりにくいところもあるけれど関節が非常に動かしやすいのでかなり遊びやすい部類です!

ちなみにスプラトゥーン2のガールも付いたDXエディションも発売中

金銭に余裕があるなら買ってみてはイカがかな?