雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

『銀魂2』の登場人物を映画の感想を交えながら駄弁っていく記事 其の二

f:id:K00004649:20180830113914j:plain
この記事は前作以上の大ヒットを記録した映画『銀魂2』で銀さん等を演じる豪華キャスト達をブログ主が独自に感想を殴り書いている

もちろん映画のネタバレも含むのでここからは続きを読むをクリックしろよォォォォォォォォ!

 今回は真選組と伊東鴨太郎を振り返ります。


映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』TVCM15秒(今度はアツい篇)【HD】2018年8月17日(金)公開

本作は真選組動乱篇がメインなので実質的に彼が主役

鬼の副長だけでなくオタク人格のトッシーも出てくるので前作よりもカッコ良くて面白いアクションが満載でした。

dTVのショートドラマでも3本中2本が土方メインの話なので今年はかなり目立ってますw

  • トッシー

原作では妖刀の力でヘタれたオタクになりましたが映画では首元に打ち込まれたマイクロチップによってヘタレな部分が最大限に増幅して人格を歪ませる・・・という経緯でトッシーに。

映画では『ラ○ライブ!』的なアニメを見たり源外の発明品で『エ○ァ』的なシミュレーションを体験したりと原作以上にやりたい放題でしたw

前作はほぼネタ要員でしたが本作は下ネタ描写は一切なく、真選組局長という肩書きに恥じぬ『漢』の近藤さんを見事に演じてくれました。

自分から近藤訳を志願したように近藤勲にはかなり思い入れがあるようで、雑誌のインタビューによると『次は柳生篇で近藤の結婚式シーンを是非やりたい』とのことw

 

動乱篇の総悟の台詞「その人から手を放せって言ってんだァ!」という台詞がかなり迫力があり、その後の殺陣シーンもアニメに負けないぐらいの残酷描写が見事でした。

今回は原作にはなかった神楽との共闘シーンにも必見!

  1. 神楽が座席を敵もろとも総悟めがけて投げ飛ばす
  2. 驚いた総悟が叫びながら座席を一刀両断

という流れが二人の関係性を表していて個人的に名(迷)シーンでしたw

 

昨年はdTVの『ミツバ篇』のみの登場で、映画では今回が初参加

何ていうか・・・声がアニメに近くて実写でも山崎の地味さが上手く再現できてた気がしました(笑)

もちろん動乱篇といえば例の葬式シーンもちゃんと再現されてるのでご安心(?)を

真選組動乱篇のキーパーソンであり本作の敵である伊東鴨太郎

三浦さん本人も『自尊心の高い所は共通してる』と雑誌のインタビューでも言ってるように映画の伊東は原作を忠実に再現してくれました。

ちなみにパンフレットで知ったんですが土方役の柳楽さんとは高校の先輩・後輩関係だったみたいで芝居を交わすのは子役時代らしい。 凄いなw

 

 

かつて監督に「続編があれば出てください」と言われた時、軽い感じで承諾したら本当に出演が決まったという逸話があった堤さん

映画のとっつぁんはアニメの若本ボイスに近い喋り方でしたがアニメ以上にダンディーなイメージ。

でも後半の「最後はこのダンディーおじさんが相手だァ」というオリジナルの台詞がかなり渋くてシビれました!

 

f:id:K00004649:20180918215957j:plain

其の二はここまで

次回は鬼兵隊・その他の面々を駄弁っていきます