雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

見方を変えれば意味も違って見える

f:id:K00004649:20180607120448j:plain

この記事にはスターアライズ クライマックスのある部分についてのお話です。

毎度のことですがネタバレ注意・・・と言っても見ちゃうんだろうな 結局

 

 

 

f:id:K00004649:20180607120430j:plain

 最終決戦の最後の一騎打ちの場面で見られるこのスペシャルページ

文章を見てると「ん?もしかして本作でカービィシリーズ終わり?」とドキッときた人もいるんじゃないでしょうか。

僕も一瞬「おぉっ?」てなったんですがそう思うのはさすがに早計すぎますね

 

そこでこの二つの台詞を見てほしい

f:id:K00004649:20180607120623j:plain
f:id:K00004649:20180607120653j:plain

 これは星のカービィWiiでのマホロアとのやりとりで、彼はカービィのことを『星のカービィ』と呼んでいます。

もちろん普通にカービィと呼ぶシーンもありますが何故わざわざ『星の』って付けるのかが気になるところ

 

f:id:K00004649:20180607120638j:plain

こちらはロボボプラネットに登場する秘書スージー

彼女は初対面のカービィに対して『ピンクの原住民』と無礼な呼び方をしますが最終決戦でカービィを見送る際、またしても星のカービィと呼んでいます

f:id:K00004649:20180317195153j:plain

これらから察するに"星のカービィ"という名称自体がゲーム内では通り名として知られてる気がするんですよね。

元々マホロアスージーはポップスターの住民ではなく外部の人間。遠い宇宙でカービィの活躍をどこかで知り、その敬意をこめてそう呼んでいるんでしょう。

f:id:K00004649:20180607120508j:plain

つまり本作のこのメッセージも適当なところで区切ると・・・

おおっ!こうすると「"この冒険の"最後の敵を倒すんだ星のカービィ!!(強調)」と、まるで説明文がカービィを応援しているように見えますね!

 

・・・なーんて ちょっと考えすぎかな?w