読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記ノートブログ

山口県のどこかに住む若者のどうでもいい不定期な日記みたいなもの

Girls-only gathering ~夢中になれるモノ~

デレマス お話 絵とか ヒロイン

f:id:K00004649:20161028182910j:plain

このストーリーに登場するデレマス勢のキャラは基本アニメ版をベースにしています

そんなわけで今回のGirls-only gathering はアニメ第1話の凛を振り返りながらお届けします。

 

  • ピーチ城 裏庭にて…

f:id:K00004649:20161014193640j:plain

サム姉「フ・・・こう静かだと心が落ち着くな」

ゼルダ「そうですね。女子会もあと少しで終わるので、ここで体力を養っておきましょう」

 

「ねえ、私もちょっと休んでいい?」

 

f:id:K00004649:20161014193642j:plain

ルッキー「あ、凛さん。あなたは2人と一緒にいなくていいのですか?」

凛「うん、ピーチ姫に少し喋るのに疲れたって言って抜けてきた 」

f:id:K00004649:20161014193643j:plain

サム姉「まったく…お前の連れの未央って言ったか?アイツと話してると正直調子が狂う…」

凛「ご、ごめん。でも悪く思わないで。未央は今日の女子会すごく楽しみにしてたからさ」

サム姉「心配するな、ああいうヤツは別に嫌いじゃない」

 

 

 

f:id:K00004649:20161014193641j:plain

ルッキー「そう「えばちょっと気になることがあるんですが…

卯月さんと未央さんは元々アイドルに憧れを抱いていたから何故アイドルを目指したかがよく分かります。」

 

f:id:K00004649:20161014193645j:plain

f:id:K00004649:20161014193644j:plain

 

 

 

 

 

 

始まりは、桜舞い散る春のこと

 

私は黒いスーツに身を包んだ 後に「プロデューサー」と呼ぶアイツに会ったんだ。

f:id:K00004649:20160924211516j:plain

「私、こういうものですが・・・アイドルに興味ありませんか?」

 

 ルッキー「なるほど!プロデューサーにスカウトされてアイドルになる道を選んだんですね?」

f:id:K00004649:20160924211517j:plain

ううん、アイドルなんか興味ないって最初は断ったんだ。

ルッキー「えっ!?」

f:id:K00004649:20160924211519j:plain

それなのにプロデューサーは毎日私の行くところ名刺を差し出してきてさ…本当に懲りない奴だと思ったよ

f:id:K00004649:20160924211518j:plain

サム姉「とんでもないプロ根性だな、お前のプロデューサー…」

f:id:K00004649:20160924211520j:plain

おかげでややこしい事態にもなったんだけどね…あれはハラハラしたよ

 

 

結局話を聞くことになったんだけど…そこでこう言われたんだ。

f:id:K00004649:20160924211521j:plain

「待ってください。あなたは今・・・楽しいですか?」

f:id:K00004649:20160924211522j:plain

サム姉「楽しいか・・・だと?」

ゼルダ「なるほど、これは随分核心をつく問いかけですね」

f:id:K00004649:20160924211523j:plain

 あの時の私は高校に入学したばかりで、部活や将来の事とかはまだ不透明でハッキリしていなかったんだ。

ルッキー「私にはよくわかりませんが、学生とはなかなか悩みが多そうですね…」

f:id:K00004649:20160924211524j:plain

そんなある日ハナコの散歩に出ようかと思ったら・・・

f:id:K00004649:20160924211531j:plain

ルッキー「あっ、なるほど!そこで卯月さんと初めて会ったんですね!」

 

f:id:K00004649:20160924211525j:plain

卯月はもともと養成所でレッスンを続けていて、ずっとアイドルになることを夢見ていたんだって。

私は卯月の話を聞いていたんだけど、それでもアイドルへの関心は今一つだったんだ。

 

 

でも・・・

 

 

f:id:K00004649:20160924211526j:plain

「私はこれから夢が叶えられるんだって・・・」

f:id:K00004649:20160924211527j:plain

f:id:K00004649:20150922194357j:plain

「それが————    嬉しくて!」

f:id:K00004649:20160924211528j:plain

 

確かにアイドルって何なのか今でもよくわからない。この世界に踏み込んで、楽しいことも辛いこともたくさんあった

でも、これだけは言えるよ。私は—————

 

f:id:K00004649:20161028182038j:plain

f:id:K00004649:20161028182037j:plain

卯月「た、大変です!さっき凛ちゃんたち以外のみんなで楽しくお話してたんですけど・・・」

f:id:K00004649:20161028182039j:plain

卯月「パルテナ様がイカちゃんに失礼なこと言っちゃったのか・・・

イカちゃんが急に怒って暴れているんです!!」

f:id:K00004649:20161028182029j:plain

 

 

 

f:id:K00004649:20161028182030j:plain

 

 

f:id:K00004649:20161028182031j:plain

f:id:K00004649:20161028182032j:plain

 

 

 

f:id:K00004649:20161028182033j:plain

 

 

 

 

 

f:id:K00004649:20161028182034j:plain

 

 

f:id:K00004649:20161028182035j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:K00004649:20161028182036j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:K00004649:20161028182040j:plain